Profile
profilephoto
★official site
arttune-web

★ MySpace URL
( 曲の試聴など ) PC版
arttune-MySpace
            
News & Information
★☆ 2010年6月より、ブログの一般公開を再開しました ☆★

一般公開を楽しみにしてくださっていた皆さん、お待たせしてしまって申し訳ありませんでした。 ごく一部の友人にだけ公開していた日記ブログの一般公開を、2010年6月より再開しました。
(JUGEMに引っ越しました)

※現在、未公開分の日記を2〜3日毎に一つずつ公開しています。
           
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
            
Archives
            
Search
Recent Comment
Category
mobile
qrcode
Links
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ゆけゆけ! エリンゴFC!!「第6話」
[漫画] ブログ村キーワード

青春まっただ中の、とある高校サッカー部員達の物語。。

〜 登場人物 〜

KMS大 付属高校サッカー部(通称エリンゴFC

■左「エース森近」
いつも陽気なお調子者だが、天性の実力を持つエース

■中央「ルーキー前田」
期待の1年生ルーキー持ち前の元気と真面目さで成長中。

■右「キーパー野村」
沈着冷静。正確無比なプレイでチームを支える最年長。


■左「キャプテン岩元」
抜群のセンスと判断力を持つチームリーダー

■中央「監督」
厳しいながらも情に厚い、浪花節の頭脳派監督



第6話「スパイの装備品」



「前回までのあらすじ

決勝で対決する謎のチームメタリカFCの情報を集めるため、
危険な相手校への潜入偵察プロジェクトを開始したエリンゴFC

部員達は、秘密諜報機関に勤める前田の両親から、
潜入偵察のための様々な装備を提供された。

※海外ドラマ「24」とかアニメ「攻殻機動隊」などに影響を受けて、
潜入編はちょっとインテリジェンスでマニアックな方向で書いてますが、、
工事の写真が「こういう会話してるように見える」ってゆーとこが
一番面白いポイントなので、そこに注目して読んでね〜

(設定参考資料)
海外TVドラマ:24 / CSIニューヨーク
映画 :ミリタリー系多数
アニメ:攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX他..
ゲーム:メタルギアソリッド / call of dutyシリーズ


※校舎2階/視聴覚室に設けられた作戦本部にて。。

前田「それでは、装備品の確認を始めます。
基本的には、うちの親が提供してくれた装備ですが、
一部僕の趣味で改造を加えてあります。」

岩元「こ、これは。。まさか!!」



前田「そうです。最新型GPSレーダー通信端末 Nikudaisukii39です。
うちの実家でも同じものを見たと思いますが、冷戦後に
ロシア軍特殊部隊スペツナズから横流しされたもので、
旧ソ連軍の情報将校だった女スパイ、ワルシチェンコ
日本に持ちこんだGPSレーダー通信装置です。

これを使えば、通信用無線の機能はもちろん、敵/味方の識別信号を
高性能GPSレーダーで正確に見分けられ、位置を特定できます。
各隊員の体温、心拍数などメディカルコンディションも
表示される最新モデルです。

司令塔になる岩元さんが、マスターの親機を持っていてください。
潜入チームのスレーブ端末は、骨伝導イヤフォンに仕込みます。」



岩元「す、凄い。。全端末の位置が完璧に表示されている。。」

前田「はい。レーダー誤差は30cm以内です。
音声通信に関しては岩元さんの声で声紋認証してあるので、
万が一敵に拾われても味方の位置情報が漏れる恐れはありません。

使用書はロシア語でしたが、僕が翻訳したものを岩元さんの
iPhoneに転送しておきます。

あと、その集音アンテナをセットしてみてください。
オプション装備として連動させる事で遠くの会話も拾えます」



岩元「ハハッ!最新モデルじゃないか前田!!
ミリタリーカタログでしか見たことがないヤツだ!
これを生で見れるとは、、いやホントに凄いよ」

前田「そうですね。とりあえず岩元さんの装備は以上です。
潜入時に使いこなせるよう一通り触っておいてください。」



前田「森近さんと僕は、発見される可能性が一番高いルートから
潜入するので、万が一に備えて武器を携帯します。

森近「え、そうなの?
あの、前田君、、なんかちょっとドキドキするんだけど。。
ほら、俺ってけっこー平和主義っていうか、、」

前田「何言ってんですか、いつもは森近さんが一番キレやすいでしょ?」



前田「遠距離攻撃型スタンガン Igaojii55 です。

圧縮された高圧電流を打ち出せるウェポンで、通常のハンドガンと
同様の遠距離攻撃が可能です。
コルト社が僻地戦闘用に開発し、米特殊部隊グリーンベレーが
制式採用しましたが、バッテリーの持ち時間や整備の複雑化に伴って
現在はシークレットサービスなど一部の機関のみで使用されています。

さすがに日本で銃器をぶっ放すのは無理なので、今回は万が一
見つかって戦闘になった場合これで応戦します。
普段は安全装置をかけておくのを忘れないでください」

森近「・・・あのー、、スミマセン。。今の何語?
ってゆーか、お前って実は超すげーヤツだったんじゃ…」

前田「森近さん、エアーガンとか得意でしょ?
基本的に照準は同じなので大丈夫です。簡単に使えますよ。
ただし射程距離は50メートル程度と考えてください。
殺傷能力は低いですが、当たれば2、3時間は麻痺させれるでしょう」



前田「これはグレネードカートリッジです。C4爆薬が
仕込んでありますが、弾数に制限があります。
恐らく破壊力が大き過ぎるので、障害物を爆破する必要が
ある時にだけ使ってください」



前田「野村さんはこのパッケージを開封してください。
Bチームの装備品が入っています」

野村「わ、分かった。」





前田「これは超高性能システム制御装置makitaで、電子ロックや
監視カメラなど、あらゆる警備システムを操作できます。
米国家安全保障局NSAからの流入品で、エシュロンシステムの
一部がOSに組み込まれています」



前田「野村さんと吉村さんのBチームは地下潜入ルートなので
セキュリティシステムをこれで突破してください」

野村「了解した。あまり機械には強くないが最善を尽くそう」

前田「装備品の説明は以上です。何か質問はありますか?」

森近「いや、、もう何を質問していいのかさえ分かんねーよ。。」


※幼少期より両親から特殊工作員の訓練を受けてきた前田によって
驚くべき装備品の数々を支給された部員達だが、それだけに
予想を超える危険なミッションである事を、全員が肌で感じ始めていた。


(次回予告)

★潜入の前日、最後の作戦会議が行われる。
特殊部隊の偵察訓練を通して、部員達は覚悟を決めていた。


TV東京 水曜PM7:00
「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」



※このブログに掲載されている内容は、昨年11月に
リニューアルOPENされたKMS二条スタジオの、
工事期間中の写真を勝手に使用して作った架空の物語です。
(サッカーのことも、ほとんど知りません)

全て、私が写真から連想したフィクションであり、
実在の団体や登場人物とは一切関係ありません。


「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」を第一話からイッキ読み
↓↓

第1話「 亀裂 」
第2話「 絆 」
第3話「 飛躍 」
第4話「真実の幕開け」
第5話「潜入プロジェクト始動」
第6話「スパイの装備品」



JUGEMテーマ:漫画/アニメ

1日1ポチしてね↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

★☆arttuneブログの更新をメールでお知らせします★☆

下の枠内スペース欄に自分のメールアドレスを入力して、購読ボタンをポチしよう!


提供:PINGOO
※メールアドレスを入力して購読ボタンを押しても、Pingoo!から購読受付確認メールがすぐに届かない場合

■パソコンからのメール受信拒否設定をしている場合は解除して下さい。
「@pingoo.jp」ドメイン指定受信設定を行って下さい。

これらを設定し終えた後、もう一度、入力し直して下さい




《arttune 情報についてはこちらをチェック!!


★arttune official site (PC)

 「arttune-web


★ MySpace URL ( 曲の試聴など )

PC版    
arttune-MySpace




posted by: arttune ( アートチューン ) | ゆけゆけ! エリンゴFC!! | 17:10 | comments(0) | - | - | - |
ゆけゆけ! エリンゴFC!!「第5話」
 [高校サッカー] ブログ村キーワード

青春まっただ中の、とある高校サッカー部員達の物語。。

〜 登場人物 〜

KMS大 付属高校サッカー部(通称エリンゴFC

■左「エース森近」
いつも陽気なお調子者だが、天性の実力を持つエース

■中央「ルーキー前田」
期待の1年生ルーキー持ち前の元気と真面目さで成長中。

■右「キーパー野村」
沈着冷静。正確無比なプレイでチームを支える最年長。


■左「キャプテン岩元」
抜群のセンスと判断力を持つチームリーダー

■中央「監督」
厳しいながらも情に厚い、浪花節の頭脳派監督



第5話「潜入プロジェクト始動」



「前回までのあらすじ

秘密諜報機関に勤めるルーキー前田の両親の協力を得て
決勝で対決する謎のチーム「メタリカFC」を調査した結果、
相手校の恐るべき事実が判明。

監督は、メタリカFCの全容を明らかにするため、
レギュラーメンバー達に相手校への潜入偵察を命じる。

幼少の頃から特殊工作員の訓練を受けていたルーキー前田を中心に、
潜入チームは綿密な偵察計画を練り始めた。。


(少年ジャンプ的な、暑苦しい感じの設定で、、)


※監督からの指示で、キャプテン岩元
は前田の両親に預けられ、
数日間で潜入偵察のノウハウを学んだ。
そして打ち合わせ初日。。

岩元「これが、相手校の建物の見取り図だ。
ここ数日、俺は前田のご両親に潜入捜査のノウハウを教わってきたが、
正直なところ、この学校や背後組織については情報が少な過ぎて、
実際に現地に行ってみないと分からない点がかなり多い。。」



森近「おいおいおーい、これってけっこー本格的じゃね?
潜入捜査ってマジかよ!!CSIニューヨークの観過ぎだっつーの。

相手チームの偵察は分かるけどよぉ、これって高校生が
関わっていいような事なんスか?

しかも、なんか超アブねー組織とか出て来たら俺らヤバイじゃん!
とっつかまって洗脳されたりしてさ、
ワレワレハ、サッカーセイジンダ。タダチニボールヲヨコシナサイ
とか色々恥ずかしいセリフ言わされたらどーすんの?」

岩元「大丈夫だ。あくまでも偵察が目的で危険な状況は無いはずだ。
しかも、前田のご両親から潜入捜査に必要な様々な装備を借りてある。
特殊訓練を受けている前田もいるし、こちらの正体がバレなければ
やり遂げられるはずだ」

野村「ああ。いずれにせよ、監督の言う通り試合前に相手の正体が
分からなければリスクが大きすぎる。
ここは危険のない範囲で偵察に行くべきだろう」


岩元「この見取り図だと、A塔の東側300メートルに、
選手宿舎になっている建物があるはずだ。
その向こう、建物以外の三方を崖に囲まれたこの敷地、、
それとここ、、がメタリカFCの練習場になっている可能性が高い」

前田「やはり徹底して外部からの目を遮断する構造になってますね。
この見取り図は数年前の衛星写真を元に立体復元しているので、
実際に行ってみると敷地内の増改築が進んで、変わっている部分が
多いかもしれません」

森近「え、そんで?俺は何をするわけ?」


岩元「森近と前田はこのルートから潜入し、校舎B棟を避けて
東側の練習場と思われる敷地を目指してくれ」

森近??

…それは何?
つまり正体も分からん危ない学校の中を、バレんようにウロウロしろと」

岩元「そうだ。こちらの素性がバレずに相手チームの正体を
探るには潜入偵察するしかない。隠密性の高いミッションになるだろう」

森近「。。。キャプテン、なんか前田んち行ってからキャラ変わりました?
ミッションて、メタルギアソリッドじゃねーんだから…」

岩元「森近、いいかげん覚悟を決めろ。普段の威勢はどうした?
相手チームの正体を知る事が、俺たちの勝利や
仲間の危険を回避することに繋がるんだ。
チームのために、メタリカFCの情報を少しでも集めて来なくては!」

森近「あーもう、分かったっスよ。
行けばいーんでしょ、行けば!!
俺が本気出したらそんなもんチョロいしぃー。
たぶん俺、秘密諜報機関からスカウトされちゃうかもな。シシシ」


岩元「よし、それじゃ頼んだぞみんな!
それぞれ見取り図を確認したら、校舎2階の視聴覚室に作った
作戦本部まで来てくれ。
装備品についての詳細なブリーフィングを行う」


※どうやら、とんでもない規模に発展してしまった偵察計画だが、
秘密諜報機関に勤める前田のご両親から潜入捜査のノウハウを教えられた
キャプテン岩元は、相手チームの情報収集に熱意を燃やす。

興味がある事以外やりたくない性格の森近を、キャプテン岩元が
抜群のリーダーシップで説得しメタリカFC偵察プロジェクトは、
今スタートした。。


(次回予告)

★決勝で対決するメタリカFCの情報を集めるため、危険な相手校への
潜入プロジェクトを開始したエリンゴFC。本格的な潜入捜査に向け、
前田のご両親から提供された様々なアイテムを準備する。
秘密諜報機関で使用されているスパイ装備とはいったい!?



TV東京 水曜PM7:00

「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」



※このブログに掲載されている内容は、昨年11月に

リニューアルOPENされたKMS二条スタジオの、
工事期間中の写真を勝手に使用して作った架空の物語です。
(サッカーのことも、ほとんど知りません)

全て、私が写真から連想したフィクションであり、
実在の団体や登場人物とは一切関係ありません。




「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」を第一話からイッキ読み
↓↓

第1話「 亀裂 」
第2話「 絆 」
第3話「 飛躍 」
第4話「真実の幕開け」
第5話「潜入プロジェクト始動」
第6話「スパイの装備品」


JUGEMテーマ:サッカー

1日1ポチしてね↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

★☆arttuneブログの更新をメールでお知らせします★☆

下の枠内スペース欄に自分のメールアドレスを入力して、購読ボタンをポチしよう!


提供:PINGOO
※メールアドレスを入力して購読ボタンを押しても、Pingoo!から購読受付確認メールがすぐに届かない場合

■パソコンからのメール受信拒否設定をしている場合は解除して下さい。
「@pingoo.jp」ドメイン指定受信設定を行って下さい。

これらを設定し終えた後、もう一度、入力し直して下さい




《arttune 情報についてはこちらをチェック!!


★arttune official site (PC)

 「arttune-web


★ MySpace URL ( 曲の試聴など )

PC版    
arttune-MySpace

posted by: arttune ( アートチューン ) | ゆけゆけ! エリンゴFC!! | 13:45 | comments(0) | - | - | - |
ゆけゆけ! エリンゴFC!!「第4話」
[高校サッカー] ブログ村キーワード

青春まっただ中の、とある高校サッカー部員達の物語。。

〜 登場人物 〜

KMS大 付属高校サッカー部(通称エリンゴFC

■左「エース森近」
いつも陽気なお調子者だが、天性の実力を持つエース

■中央「ルーキー前田」
期待の1年生ルーキー持ち前の元気と真面目さで成長中。

■右「キーパー野村」
沈着冷静。正確無比なプレイでチームを支える最年長。


■左「キャプテン岩元」
抜群のセンスと判断力を持つチームリーダー

■中央「監督」
厳しいながらも情に厚い、浪花節の頭脳派監督



第4話「真実の幕開け」



「前回までのあらすじ

ルーキー前田の飛躍的な成長により、決勝に向けて不安要素は
無くなったかと思えたエリンゴFC

決勝戦までの間、チーム内に少し楽観的なムードが漂いはじめたある日、
監督と前田が人目を避けるように話し合っていた。

(少年ジャンプ的な、暑苦しい感じの設定で、、)


前田「○×△・・というわけで監督、予想以上に危険な状況です。
これは一刻も早く手を打った方が良いのでは!」

監督「ウ〜ム、、そこまでとは。。ワシの想像を遥かに超えとったわ」

しばらく考え込む監督...

監督「よし分かった。ごくろうやったな前田、ご両親にも宜しく言うといてくれ」

前田「はい。僕の方は、すぐに動けるよう手配を始めます」


※監督と前田が密かに話し合っていた数時間後、エース森近キーパー野村
監督に呼び出された。。


監督「おぅ森近、来たか、、野村も今来おったとこや。」

森近「監督どうしたんスか。今日、まだ走り込み終わってないっスよ」

監督「いや、今日はもう走らんでええ。
よっしゃえーか? 二人ともよー聞け」


監督「決勝の相手メタリカFCの事やが、お前らどんなチームか知っとるか?」

野村「いや、公式なデータがほとんど無いチームなのでよく知らないですが、
今の我々の実力なら問題無いでしょう」

森近「っつーか、余裕じゃねーの?
前田もスーパーサイヤ人並みにパワーアップしたし!! ハハハハ!」

※余裕ができて楽観的になっているのか、ヘラヘラ笑いながら監督の話を聞く二人..
監督は、険しい表情を全く崩さないまま話を続けた。

監督「それがな、ワシも正体のよー分からん相手では作戦も立てられんからな、
前田のご両親の協力で相手チームの事、調べてみたんや」


森近「え、なんで前田なんスか? 俺たちでも全く情報無いのに、、
そんでまたご両親って、、」


監督「お前らには特別扱いしてほしくなかったから言わなんだけどな、
前田のご両親は、とある秘密諜報機関の職員として働いておられるんや。
前田本人も、幼少から特殊工作員としての訓練をご両親から受けているらしい」

※あまりに突拍子も無い話に息をのむ二人に、監督は淡々と話し続ける。。

監督「それでな、調査の結果恐るべき事実が分かったんや。
決勝の相手メタリカFCは、これまでの対戦チームを全て病院送りにしている
だけでなく、どうやらバックに巨大な闇の組織が付いとるらしい。

表向きには、新興宗教が運営する高校のサッカー部となっとるが、
練習場や学校組織なども全く公開されとらん上に、凶悪かつ冷酷な
プレーで相手選手を叩き潰す訓練を、軍隊のような組織ぐるみで行っとるんや」

監督「残念ながら、前田のご両親の調査ではここまでしか分からなんだ。。

そこでや、お前達には、前田の協力を得て相手校に潜入し、
メタリカFCを偵察してきてほしいんや!」


監督「どや、できるか?野村!
熱くなりやすい森近だけではアカン。お前が冷静に行動させるんや」

※いつもは沈着冷静な野村に緊張が走る。
監督から突然聞かされた全く想定外の状況に対し、さすがに困惑の色を隠せなかったが、、

野村「わ、、わかりました。
できるだけの事はやってみましょう」

森近ェエッ?! マジで!!?

※こうして、野村を中心とする上級生部員達は、幼少の頃より
両親から特殊工作員のスキルを叩き込まれたルーキー前田の協力を得て、
謎に包まれた決勝戦の相手チームメタリカFCを偵察しに行くことに。。


監督「あいつら、無事に戻ってきてくれたらええが、、
今は信じるしかない。。野村、前田、頼んだで!」


(次回予告)

★巨大闇組織が背後に控えるというライバル校への潜入偵察に向け、
上級生部員達は綿密な準備を始める。
高校サッカー部員の域を遥かに超えたプロジェクトが、今始まろうとしていた。。



TV東京 水曜PM7:00
「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」



※このブログに掲載されている内容は、昨年11月に

リニューアルOPENされたKMS二条スタジオの、
工事期間中の写真を勝手に使用して作った架空の物語です。
(サッカーのことも、ほとんど知りません)

全て、私が写真から連想したフィクションであり、
実在の団体や登場人物とは一切関係ありません。


「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」を第一話からイッキ読み
↓↓

第1話「 亀裂 」
第2話「 絆 」
第3話「 飛躍 」
第4話「真実の幕開け」
第5話「潜入プロジェクト始動」
第6話「スパイの装備品」



JUGEMテーマ:サッカー


1日1ポチしてね↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

★☆arttuneブログの更新をメールでお知らせします★☆

下の枠内スペース欄に自分のメールアドレスを入力して、購読ボタンをポチしよう!


提供:PINGOO
※メールアドレスを入力して購読ボタンを押しても、Pingoo!から購読受付確認メールがすぐに届かない場合

■パソコンからのメール受信拒否設定をしている場合は解除して下さい。
「@pingoo.jp」ドメイン指定受信設定を行って下さい。

これらを設定し終えた後、もう一度、入力し直して下さい




《arttune 情報についてはこちらをチェック!!


★arttune official site (PC)

 「arttune-web


★ MySpace URL ( 曲の試聴など )

PC版    
arttune-MySpace

posted by: arttune ( アートチューン ) | ゆけゆけ! エリンゴFC!! | 23:57 | comments(0) | - | - | - |
ゆけゆけ! エリンゴFC!!「第3話」
[高校サッカー] ブログ村キーワード

 青春まっただ中の、とある高校サッカー部員達の物語。。

〜 登場人物 〜

KMS大 付属高校サッカー部(通称エリンゴFC

■左「エース森近」
いつも陽気なお調子者だが、天性の実力を持つエース

■中央「ルーキー前田」
期待の1年生ルーキー持ち前の元気と真面目さで成長中。

■右「キーパー野村」
沈着冷静。正確無比なプレイでチームを支える最年長。


■左「キャプテン岩元」
抜群のセンスと判断力を持つチームリーダー

■中央「監督」
厳しいながらも情に厚い、浪花節の頭脳派監督



第3話「飛躍」



「前回までのあらすじ

キャプテン岩元のリーダーシップにより、チームの絆を取り戻した
かのように見えたエリンゴFCだったが、全国大会の決勝戦を控え、
次なる問題が勃発!

奇跡の世代と呼ばれる実力派選手がひしめく上級生達から、
ルーキー前田に対する不満が噴出してしまう。

上級生達に必死でついて行こうとする前田だったが、
キャプテン岩元は苦渋の決断を下す。

(少年ジャンプ的な、暑苦しい感じの設定で、、)

※上級生ミーティング終了後のグランドにて。。


岩元「なぁ森近、、前田のやつ、、、どう思う?」

森近「う〜ん、そーっスね。。
ヤツは頑張ってるし個人的には応援してやりたいっスけどね。。
これからの試合の重さ考えるとな〜。。
今の実力だと、、もうこの辺が限界かもわかんないですね。」

岩元「ああ、俺もそう思う。。
ここから先は、メンタル面だけでは通用しない厳しい戦いになる。
ここまで一緒にプレーしてきて可哀想だが、、、」

森近「だけど岩元さん、、やつに言えるんスか?
あいつ、普段明るいけど、こう、、なんちゅうの?
あーみえてけっこー精神にくるタイプっつーか。。」

岩元「分かってるさ。。だがそれを伝えるのはキャプテンである俺の役目だ。
なんとか納得させるしかない。。」

森近「・・・了解っス。俺も一応付き合いますよ。。」


※翌日、、いつも通り練習前のグラウンド整備に励む前田に、
キャプテン岩元が声をかける。。

岩元「なぁ前田、ちょっといいか?」

前田「あ、はいキャプテン!! どーしたんスか? 改まっちゃって」


岩元「実はな、前田、、今度の試合、お前をはずすことにした。。」

前田「エッ!? エッ? ちょっと待ってくださいよキャプテン!!
俺、なんかダメだったっスか!? そんな事言わないでくださいよ!!」

岩元「残念だが、今のお前は戦力外だ。。」

前田「お願いします!!  俺、もっと頑張りますから!
みんなについて行けるよう、もっと頑張りますから!!
お願いしますキャプテン!! 俺も、、俺も試合に出してください!!」

岩元「前田、すまん! もう決まったことなんだ!
お前の努力はみんな知ってる。だがチームのためなんだ。。
分かってくれ!」

前田「そんな、、キャプテンお願いします!! お願いします!!!

岩元/森近「・・・」


※突然の告知に泣き崩れる前田。岩元と森近は辛そうに立ち去った。。

真面目な性格ゆえに、そのまま心が折れてしまったかのように見えた
前田だったが、、

数日後、前田は何かふっ切れたような真剣な表情で森近の前に現れた。

前田「森近さん!! 俺に、、俺に、、俺にサッカーを教えてください!!
俺、、このままじゃ絶対終われないッス!!!
森近さんに、どーしても特訓してほしいんです!!

森近「・・・」

※必死に土下座する前田。しばらく考え込む森近、、そして数分後。

森近よし! 分かった!!
お前がそこまで言うなら徹底的に鍛え直してやるよ!
どうやらお前、ハンパねぇ覚悟で来たみてーだな。」

森近「そのかわりいいか? 俺の稽古は超キビしいぞ!!」
前田ハイ!!! 望むところです!!


※こうして、翌日から森近と前田の秘密の特訓が始まった。

早朝から真夜中まで、必死に修行する二人。
学校の裏山は、二人の修行場所と化していた。。

森近「いいか? 今日はこの切り株が目印だ。
お前のパスは、根本的に精度とスピードが弱ぇー。
この切り株から、向こうの大木めがけて、思い通りの
コントロールとスピードでボールを操れるようになるまで
蹴り続けろ!! 俺もとことん付き合ってやる。」

前田「ハイ!!」

森近「 あと分かってると思うが前田、基本的にもう時間がねえ。
お前が短期間で大幅に実力アップするためには、
俺が昔やった時の何倍も集中してやらねーと。。」

前田「分かりました!! 俺、絶対上手くなりますから!!」


ドカッ!! バシュ!! バシッッ!!
前田は、脚が血まみれになっても、ボールを蹴り続け、
くる日もくる日も修行に明け暮れた。。

そして数週間後、、いつもの大木に刻まれた無数のボールの跡を
嬉しそうに確認する森近。。

森近おぉ!! すげえよ前田!!
凄まじいパワーと精度だ。こりゃ俺以上かもな。。
お前、こんなポテンシャルを秘めてやがったんだな!
これならキャプテンにも自信もって話せるぜ!!」

前田「ありがとうございます!!
俺、、なんか分かってきた気がします。
ボールはただの道具なんかじゃない!!
ボールは友達なんだって!!!


※こうして、凄まじい修行の末、先輩達に負けるとも劣らない
スーパープレイヤーに変貌を遂げた前田。
森近は、さっそくキャプテン岩元や上級生達にそれを伝えた。。

岩元「前田、、俺はお前の潜在能力を読めなかった。。
キャプテン失格だよ。。」

前田「そんな事ないっス!!
憧れの先輩達がいたからこそ、俺は頑張れたんです!!」

森近「ま、それじゃキャプテン、文句無しにスタメン復帰ってことで」

岩元「もちろんさ!! 前田、期待してるぞ!!」

前田「お二人とも…(ウルウル)
ありがとうございます!!
ありがとうございます!!!


岩元「よし、前田が頼れる選手になって帰って来てくれたおかげで
中盤のパス回しは格段に安定感が上がった。。
これなら、お前がこのポジションまで切り上がっていっても、
速いテンポで攻めこむ事ができる!」

森近「・・・そーっスね。
ヤッベェ、、新しいフォーメーション、超強ぇわ。。」


※こうして、チームの弱点だった前田も格段の実力アップを遂げ、
まさに完璧なチームへと仕上がったエリンゴFCであった!!


(次回予告)

★決勝戦に向けて万全の体制を整えたエリンゴFC
遂に、決勝戦で立ちはだかる最凶チーム「メタリカFC」が、
謎のベールを脱ぐ!!


※このブログに掲載されている内容は、昨年11月に
リニューアルOPENされたKMS二条スタジオの、
工事期間中の写真を勝手に使用して作った架空の物語です。
(サッカーのことも、ほとんど知りません)

全て、私が写真から連想したフィクションであり、
実在の団体や登場人物とは一切関係ありません。


「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」を第一話からイッキ読み
↓↓

第1話「 亀裂 」
第2話「 絆 」
第3話「 飛躍 」
第4話「真実の幕開け」
第5話「潜入プロジェクト始動」
第6話「スパイの装備品」


JUGEMテーマ:サッカー

1日1ポチしてね↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

★☆arttuneブログの更新をメールでお知らせします★☆

下の枠内スペース欄に自分のメールアドレスを入力して、購読ボタンをポチしよう!


提供:PINGOO
※メールアドレスを入力して購読ボタンを押しても、Pingoo!から購読受付確認メールがすぐに届かない場合

■パソコンからのメール受信拒否設定をしている場合は解除して下さい。
「@pingoo.jp」ドメイン指定受信設定を行って下さい。

これらを設定し終えた後、もう一度、入力し直して下さい




《arttune 情報についてはこちらをチェック!!


★arttune official site (PC)

 「arttune-web


★ MySpace URL ( 曲の試聴など )

PC版    
arttune-MySpace

posted by: arttune ( アートチューン ) | ゆけゆけ! エリンゴFC!! | 23:08 | comments(0) | - | - | - |
ゆけゆけ! エリンゴFC!!「第2話」
[高校サッカー] ブログ村キーワード

青春まっただ中の、とある高校サッカー部員達の物語。。

〜 登場人物 〜

KMS大 付属高校サッカー部(通称エリンゴFC

■左「エース森近」
いつも陽気なお調子者だが、天性の実力を持つエース

■中央「ルーキー前田」
期待の1年生ルーキー持ち前の元気と真面目さで成長中。

■右「キーパー野村」
沈着冷静。正確無比なプレイでチームを支える最年長。


■左「キャプテン岩元」
抜群のセンスと判断力を持つチームリーダー

■中央「監督」
厳しいながらも情に厚い、浪花節の頭脳派監督



第2話「絆」



「前回までのあらすじ

弱小チームから奇跡の成長を遂げ、優勝争いに食い込むチームへと
変貌を遂げたエリンゴFCだが、決勝戦を前に部員達に亀裂が、、

(少年ジャンプ的な、暑苦しい感じの設定で、、)

※準決勝から数日後の下校途中、、、

森近「岩元さん、、俺、、サッカー辞めるわ」

「どうせプロとかなれっこねぇし、一生懸命やってんのに
なんか否定されてばっかで、もうやる気ねぇっスわ」

岩元「そーか、、お前が決めたんなら俺は止めない」

「だがな、俺たちが全国連れて行くって約束したのを
ずっと信じて応援してくれてる、
真由美ちゃんの気持ちはどーなるんだよ!!


※思い出の場所にて、、、

岩元「森近、覚えてるか?
これ、俺達が入部した時に彫った全国優勝の誓いだぜ」

「これ、真由美ちゃんに見せて約束したろ?」

森近「ああ。。俺、、あの頃の気持ち、忘れかけてたよ。。」


★こうして、キャプテン岩元の励ましでチームの
取り戻したエリンゴFCであった。



わだかまりが溶けたことで、抜群のチームワークを取り戻した
実力派レギュラー部員達。

強豪チームとして完全復活に見えたエリンゴFCだったが、、、


(次回予告)

★真面目に練習を積むがなかなか実力が上がらずミスが続く
ルーキー前田。先輩達からとうとう。。


※このブログに掲載されている内容は、昨年11月に
リニューアルOPENされたKMS二条スタジオの、
工事期間中の写真を勝手に使用して作った架空の物語です。
(サッカーのことも、ほとんど知りません)

全て、私が写真から連想したフィクションであり、
実在の団体や登場人物とは一切関係ありません。


「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」を第一話からイッキ読み
↓↓

第1話「 亀裂 」
第2話「 絆 」
第3話「 飛躍 」
第4話「真実の幕開け」
第5話「潜入プロジェクト始動」
第6話「スパイの装備品」


JUGEMテーマ:サッカー


1日1ポチしてね↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

★☆arttuneブログの更新をメールでお知らせします★☆

下の枠内スペース欄に自分のメールアドレスを入力して、購読ボタンをポチしよう!


提供:PINGOO
※メールアドレスを入力して購読ボタンを押しても、Pingoo!から購読受付確認メールがすぐに届かない場合

■パソコンからのメール受信拒否設定をしている場合は解除して下さい。
「@pingoo.jp」ドメイン指定受信設定を行って下さい。

これらを設定し終えた後、もう一度、入力し直して下さい




《arttune 情報についてはこちらをチェック!!


★arttune official site (PC)

 「arttune-web


★ MySpace URL ( 曲の試聴など )

PC版    
arttune-MySpace

posted by: arttune ( アートチューン ) | ゆけゆけ! エリンゴFC!! | 21:22 | comments(0) | - | - | - |
ゆけゆけ! エリンゴFC!!「第1話」
[高校サッカー] ブログ村キーワード
 
青春まっただ中の、とある高校サッカー部員達の物語。。


KMS大 付属高校サッカー部(通称エリンゴFC

■左「エース森近」
いつも陽気なお調子者だが、天性の実力を持つエース

■中央「ルーキー前田」
期待の1年生ルーキー持ち前の元気と真面目さで成長中。

■右「キーパー野村」
沈着冷静。正確無比なプレイでチームを支える最年長。




第1話「 亀裂 」


万年最下位の弱小チームとして有名だったが、
キャプテン岩元/エース森近/キーパー野村など、
奇跡の世代と呼ばれる選手達の入部で、一躍
強豪チームの仲間入りを果たしたエリンゴFC

(少年ジャンプ的な、暑苦しい感じの設定で、、)

高校サッカー選手権で前人未到の快進撃を続けるが、
今日の相手チームは、昨年全国制覇を成し遂げた
「ロップルFC」



※強豪との試合を前に、控え室でのミーティングにて、、、

監督「よっしゃぁ、集合やぁ!」

全員「ハイッ!」ザザッ


■左「キャプテン岩元」
抜群のセンスと判断力を持つチームリーダー

■中央「監督」
厳しいながらも情に厚い、浪花節の頭脳派監督


監督「ええか? 今日の試合、勝ちに行くでぇ!
基本4-4-2のフォーメーションで、このラインから、、」



監督「このオフェンスラインにかけて2トップで交互に攻め上がるんやぁ!」



森近ちょっと待ってくださいよ、監督!!
今日の相手は、ディフェンスの堅さで有名な昨年覇者 ロップルFCッスよ!?」

森近俺にボール集めないと点取れないッスよ!!



監督「ええか? 森近、、お前は確かにええ選手や。
そやけどな、、才能だけではない何かが足らん! 分かるか?」

「それはな、、チームワークや!」

「サッカーはな、一人でするもんとちゃうんやで?
森近よ、もっと仲間を信じてやるんや!」

森近「クッ…」

※部員達の中にわだかまりが残るまま、準決勝開始へ。。



野村「例えチームがどんなコンディションだろうと、
このゴールだけは割らせん!!


★沈着冷静なキーパー野村のファインセーブが炸裂し、
準決勝で強豪ロップルFCに辛くも勝利したエリンゴFCだが、
プレイに対する考え方の違いから、決勝戦を控えるチーム内に亀裂が、、


※次の日の放課後、、、

岩元「森近、、確かにお前には実力がある。。」

「だがな、俺たちはチームなんだ。お前一人の独断で個人プレイを
続けていては、チームは強くなれない」

森近「そーっすか。。俺は今のスタイルを変えるつもりは無いッス」

「実際、チームは勝ってる。」

岩元違う!! ここまでのが良かっただけだ!!

「昨日の試合、お前があと1回反則を取られていたらチームは負けていた。。」

森近「岩元さん、、サッカーは勝ち負けを争うスポーツですよね?
どんなスタイルだろうが勝たなきゃ意味ないんスよ!!

岩元「本当にそうなのか? 森近、、
勝ち負けより大事な物があるだろう!!?

俺たちは、ただ勝つためだけにサッカーをはじめたのか?」

森近「・・・」


★一度ほつれた糸は複雑に絡み合い、深まる部員達の亀裂、、
決勝戦を控え、エリンゴFCの運命はいったい!!?

次週の放送をお楽しみに!!

TV東京 水曜PM7:00
「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」



※このブログに掲載されている内容は、昨年11月に
リニューアルOPENされたKMS二条スタジオの、
工事期間中の写真をモチーフに作った架空の物語です。
(サッカーのことも、ほとんど知りません!)

書かれている事は全て、私が写真から連想したフィクションであり、
実在の団体や登場人物とは一切関係ありません。


「ゆけゆけ! エリンゴFC!!」を第一話からイッキ読み
↓↓

第1話「 亀裂 」
第2話「 絆 」
第3話「 飛躍 」
第4話「真実の幕開け」
第5話「潜入プロジェクト始動」
第6話「スパイの装備品」


JUGEMテーマ:サッカー

1日1ポチしてね↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


☆arttuneブログの更新をメールでお知らせします★☆

下の枠内スペース欄に自分のメールアドレスを入力して、購読ボタンをポチしよう!


提供:PINGOO
※メールアドレスを入力して購読ボタンを押しても、Pingoo!から購読受付確認メールがすぐに届かない場合

■パソコンからのメール受信拒否設定をしている場合は解除して下さい。
「@pingoo.jp」ドメイン指定受信設定を行って下さい。

これらを設定し終えた後、もう一度、入力し直して下さい




《arttune 情報についてはこちらをチェック!!


★arttune official site (PC)

 「arttune-web


★ MySpace URL ( 曲の試聴など )

PC版    
arttune-MySpace


posted by: arttune ( アートチューン ) | ゆけゆけ! エリンゴFC!! | 17:02 | comments(0) | - | - | - |